城址とガラ紡の里山暮らし
愛知県豊田市松平。徳川家のルーツにあたる里山です。その里山に2014年から暮らしはじめた家族のどたばた。松平で祖父が営んできたガラ紡のあれこれ、松平のなかでも大給城址の季節の移ろいを紹介していきます。
安心して徘徊できる町
 夏休み最後の土日。最後ぐらい晴れてほしいものです。

 さて、8月5日付ブログで、高齢者が徘徊して自治区みんなで探したと紹介しました。昨日、回覧板が回ってきました。「安全な安心な自治区として」というタイトルです。

内容は、

  • 当自治区は数年で高齢化率30%を超える。
  • 安全安心が単なる掛け声で終わらないようにしないといけない。
  • 特に徘徊高齢者が行方不明になった場合には、家族や行政機関とも相談して自治区でも対応したい。

 ということで、捜索要請が家族から出された場合に体制を組んで協力するというものです。その要項がかかれていました。

140830回覧板

 徘徊の出来事をブログで紹介したところ、何人かから「実は我が家も悩んでいる」「徘徊はもはや日常的なこと」など話してもらうことが続きました。

 先日仕事で訪問したデイサービスでは、徘徊対応のまっただ中でした。

 介護は家族で問題を抱えがちです。特に、徘徊は家族にとっては「迷惑をかける」という呵責の念に苦しみがちです。同居者が、いかに耳を澄ませて物音に敏感になっても限界があると思います。

 先日、福岡県大牟田市で「安心して徘徊できる町」をめざしていると知りました。大変興味深い内容です。

(詳しくはNHKの視点・論点「認知症を考える(2)安心して徘徊できる町」のアドレスを添付します)

http://www.nhk.or.jp/kaisetsu-blog/400/188975.html

 「安心して徘徊できる町」という言葉は、なんだかとてもホッとできます。家族が徘徊を抱え込み、悩んだり恥じたりすることがないように支えあう里にしたいです。

[2014/08/30 06:48] | 暮らし2014 | トラックバック(1) | コメント(0) |
<<夏休み終了 | ホーム | チェーンを替えました>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://ogyuubito.blog.fc2.com/tb.php/758-fa9dfa68
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ケノーベルからリンクのご案内(2014/08/31 08:58)
大牟田市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。
[2014/08/31 08:58] ケノーベル エージェント
| ホーム |
プロフィール

おぎゅうびと

Author:おぎゅうびと
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR