城址とガラ紡の里山暮らし
愛知県豊田市松平。徳川家のルーツにあたる里山です。その里山に2014年から暮らしはじめた家族のどたばた。松平で祖父が営んできたガラ紡のあれこれ、松平のなかでも大給城址の季節の移ろいを紹介していきます。
山主自力間伐講座⑯ いよいよ
 昨晩より、イノシシの親子が仕掛けにつかまりました。夜中ずっと松平大給の里にいななきがこだましています。逃げようとしているのでしょうか、仕掛けに体当たりする音もきこえています。

 山主自力間伐講座の続きです。いよいよ自分たちで伐倒します。

 私はかなり緊張し、手が震えていました。

 倒す木を定めたら、周辺の足場を確保します。方向を定め、受け口と追い口をチョークで描きます。

 そして、チェーンソーを木に入れていきます。

 これがなかなか思うように入りません。

 まず水平方向に伐りますが、まっすぐにチェーンソーが進みません。時折、火花が散ったりします。私の癖は刃を傾けたままでまっすぐに伐ろうとしているからです。

 また自分の目の前の切り口は意識するものの、向こう側まではきちんとみないために、切り口がまっすぐにはなりませんでした。

 それから斜め切り。自分の思う以上に傾けないと、水平と斜めの部分が合いません。合う場所が奥まで行きすぎないようにするのもポイントです。

 何度も手前と向こう側をみて調整を重ねながら、やっと受け口をつくりました。調整も、少しずつ行わないと伐りすぎてしまいます。

141030受け口


 私の癖を直すには、切り口に沿ってまっすぐにバーを動かすよう意識すること。受け口を正確につくらなければ、安全に伐倒ができないのです。(続く)

[2014/10/30 05:44] | 森林 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<山主自力間伐講座⑰ 汗がびしょびしょ | ホーム | 山主自力間伐講座⑮ 退避>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://ogyuubito.blog.fc2.com/tb.php/819-a4320e9e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

おぎゅうびと

Author:おぎゅうびと
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR