城址とガラ紡の里山暮らし
愛知県豊田市松平。徳川家のルーツにあたる里山です。その里山に2014年から暮らしはじめた家族のどたばた。松平で祖父が営んできたガラ紡のあれこれ、松平のなかでも大給城址の季節の移ろいを紹介していきます。
14匹シリーズのプレゼント
 昨夜は、保育園時代のママ友と子どもたちと忘年会。名古屋までいきました。ママ友と子どもたち22人が集まりました。

 里山に住んでいても周りに子どもたちがいない娘には、友だちと会うのは貴重な時間。娘も私も、とてもホッとできるなかまたちです。それに、大変だった幼児期を育てあってきたので、なんだかいとおしくて…。

 Dくんが大けがをしていたときけば本当に心配になるし、悪さや嫌なことをした子どもにはきちんと叱れます。そういう関係は、保育園時代を楽しく過ごせたからだと思っています。

 話は変わって…

 私が娘に用意していたクリスマスプレゼントが、クリスマスが終わってから届きました。いわむらかずおさんの絵本『14ひきシリーズ』のポケット版です。

141228絵本

おとうさん おかあさん
おじいさん おばあさん 
そして きょうだい 10ぴき。
ぼくらは みんなで
14ひき かぞく。

 こんな冒頭ではじまる、野ねずみ家族の絵本です。

 自然たっぷりのなかで、野ねずみたちは、もちつきをしたり、朝ごはんの準備をしたり、せんたくをしたり、かぼちゃを育てたり…。心がとてもあたたまります。

 私が3世帯で里山暮らしを決断した理由は、『14ひきシリーズ』に描かれているような暮らしをしたかったから。

 娘が保育園から『14ひきシリーズ』を借りてきて、読み聞かせをしたときに「ビビビ」と感じたのをよく覚えています。

 14ひきシリーズのポケット版が発刊されたと知り、大人買いをしてしまいました。なので、娘のためというより、私のためのプレゼントなのです。

 もちろん、娘も楽しそうに絵本を眺めています。14ひきの野ねずみ家族に、我が家や保育園時代の子どもたちを重ねてしまいます。

 まぁ、絵本のように大家族の暮らしがうまくいくわけではありません。

 ただ、大自然のなかで家族をいとおしく思って平和に暮らすことを希望にしていきたいですね。私のクリスマスプレゼントには、そんな思いをこめました。

[2014/12/28 09:23] | 本・映画 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<門松づくり | ホーム | ガラ紡を訪ねて・工房木輪④ ガラ紡績で何をするか>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://ogyuubito.blog.fc2.com/tb.php/878-bab4f25b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

おぎゅうびと

Author:おぎゅうびと
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR