城址とガラ紡の里山暮らし
愛知県豊田市松平。徳川家のルーツにあたる里山です。その里山に2014年から暮らしはじめた家族のどたばた。松平で祖父が営んできたガラ紡のあれこれ、松平のなかでも大給城址の季節の移ろいを紹介していきます。
『よみがえる里山 三河の70年』
 雨での新年度スタートでしたね。スタートにあたっていろいろとあるものです。気持ちと体のバランスに注意したいものです。

先月、中日新聞の豊田版に『よみがえる里山 三河の70年』が連載されていました。
 
 県内は面積の4割を森林が占めるその大半が三河だ。かつて栄えた林業は輸入材に押され、見る影もない。だが、エネルギーの地産地消をはじめ、世の中はじわじわと変化しつつある。
 
 そして里山復活の兆しが特集されています。

 内容は、

「ほんのり」:ペレット・薪 燃料は地産

「まっすぐ」:林業の栄枯盛衰見つめ

「もりもり」:「モリ券」で地域活性化

「ぐるぐる」:熱源サイクルを夢見て

「コツコツ」:「山に仕事があれば」


150402記事

 旭地区の「木の駅プロジェクト」やIターンなどで林業に携わる若者が紹介されています。

 今回の記事は名古屋版で紹介されていないと思われますが、三河の里山に身を置くと、薪や山林の価値があらためて見直されていると感じます。
 
 記事のなかには「手も付けられない山は、マイナスの資産でしかなくなり、誰の山のことは考えたくない状況にある。でも、一人で悩むより、仲間と一緒に木の駅に参加してみれば、あきらめはなくなる」という記述があります。

 こちらに住んでいると、受け継がれた山の管理に悩む人が多いと知りました。

 でも、我が家が薪ストーブを設置しただけでも、周りから間伐材をいただけます。そのうえ、山が間伐によって光が入るようになり、きれいになっていくことを実感しています。

 「山の時代が再び来る」という記述がありましたが、私もそう感じます。

[2015/04/02 06:35] | 森林 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<< タンポポの花輪 | ホーム | スズランズイセン>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://ogyuubito.blog.fc2.com/tb.php/973-db5d9899
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

おぎゅうびと

Author:おぎゅうびと
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR