城址とガラ紡の里山暮らし
愛知県豊田市松平。徳川家のルーツにあたる里山です。その里山に2014年から暮らしはじめた家族のどたばた。松平で祖父が営んできたガラ紡のあれこれ、松平のなかでも大給城址の季節の移ろいを紹介していきます。
シャガと筍
 本日から二十四節気で清明。七十二候で玄鳥至(つばめきたる)です。

 朝は鳥の鳴き声がいっぱいで、夜はカエルの合唱が始まりました。つい1か月前の朝夜は不気味なくらい静かでしたが、春になり夜中もにぎやかです。

 我が家の裏にある竹林で、シャガが咲きだしました。白く蝶のような花びらです。

 友人が「シャガの花をみると、筍の時期がきたなと感じるんだよね」と話していました。そういえば、シャガは竹林のなかで咲くイメージがあります。

150405シャガ①

 そんなおり、膝をうつ俳句を知りました。

筍に くくり添えたり しゃがの花  高井几董(たかいきとう)

 シャガは一日で枯れてしまうのですが、「朝堀の筍は、夕方しゃがの花がしおれる前に食べなさい」という意味とのこと。

 シャガが咲いても、今シーズンはまだ筍はみていません。イノシシに食べられる前に筍を掘りたいと思っています。

[2015/04/05 05:11] | 季節2015 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<< 初タケノコ | ホーム | サクラのしおり>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://ogyuubito.blog.fc2.com/tb.php/976-fc4c6556
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

おぎゅうびと

Author:おぎゅうびと
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR