城址とガラ紡の里山暮らし
愛知県豊田市松平。徳川家のルーツにあたる里山です。その里山に2014年から暮らしはじめた家族のどたばた。松平で祖父が営んできたガラ紡のあれこれ、松平のなかでも大給城址の季節の移ろいを紹介していきます。
【ネキリムシ(根切り虫)】
 今日は七十二候で「麦秋生」(ばくしゅういたる)。豊田市内でも麦の熟して刈りいれどきを迎えました。5月も今日でおしまい。いよいよ梅雨どきをむかえます。

 毎日ワタ畑をみています。順調に育っているのもあれば、「大丈夫かな」と芽があります。順調にそだっていると安心しても、次の日には芽や葉が切り取られていたりします。

170530芽が枯れる

「どうしてだろう?」と、畑の師匠にきくと「根切り虫だよ」と教えてくださいました。

 調べてみました。

根切り虫(ネキリムシ)とは、カブラヤガ、タマナヤガ、オオカブラヤガなど夜蛾(ヤガ)や、コガネムシ、キリウジ、コメツキムシの幼虫の総称。苗の根元を食べて被害を及ぼすことから、「根切虫(ネキリムシ)」という名前がつく。

昼間は土の中に潜み、夜に活動してあらゆる植物の苗に被害を及ぼすため、存在を知らなければ対応できないやっかいな害虫。幼虫やサナギの状態で冬を越し、成虫は多くて年5回、少なくとも年2回発生。成虫も夜に活動し、植物の生え際に1つずつ産卵。

ネキリムシは、被害にあった株付近の土の中に潜む。軽くて手で土を掘るだけで発見できるほど浅いところにいるので、見つけたらつまんで取り除く。

170531ネキリムシ


(記事・写真 HORTI ホームページ参照)

 写真で見ると、イモ虫のような毛虫です。確かにみたことがあります。これからは虫とのたたかいですね。

[2017/05/31 05:04] | 福綿プロジェクト松平2017 | トラックバック(0) | コメント(0) |
【239本のワタ】
天気の良い日は、毎日ワタ畑の作業です。

ビニールポットからポコポコ出た芽を畑に植え替えたり、直接直播をしたり。今年は全部で239本の綿を育てます。

なかには芽が折れたり、葉が一枚なかったり、根づかず枯れてしまったり、芽が出なかったり…。

170514綿の芽


ビニールポットから植え替えたワタも半分は育たず。もう一度種まきをしています。一つひとつの生育具合を点検して、それぞれに必要な施しをします。

この作業、よくよく考えれば、仕事や学校に似ています。これまで植物を育てるといっても、せいぜい鉢程度。畑で239本も一つひとつが違いますし、それぞれの育ち具合にあわせた施しが必要です。
 
よく仕事で組織を増やすとき「種まきをする」「刈り取りをする」という言葉を使います。人を植物に例えるのはおこがましいのですが、言葉の意味はよくわかります。

239本のワタを育てつつ「一人ひとりをよくみて、一人ひとりにあわせた育て方をする」という営みを体に刻み込みたいです。

[2017/05/30 05:12] | 福綿プロジェクト松平2017 | トラックバック(0) | コメント(0) |
【デイサービス『畦道』オープン② ワタを育てよう】
 『畦道』は国道153号線沿いにありました。

170525畦道


 昼過ぎにおじゃますると、ちょうど利用者さんとミーティング中でした。区切りがついたときに林さんから紹介をうけて、ガラ紡や綿について短時間ですがお話ししました。

 なんでも、綿を糸にして織りにする事業を具体的にすすめたいという話もうけました。うれしい話です。
 
 『畦道』の畑は、野菜も育てていました。なので、ワタも十分に育ちます。

170525畑

 
 種が少なかったようで、私から種を多く差し上げました。さっそく、翌日には種を水につけて準備をすすめていると報告がありました。

 『畦道』のこれからをガラ紡やワタで応援します。

[2017/05/25 04:55] | 福綿プロジェクト松平2017 | トラックバック(0) | コメント(0) |
【デイサービス『畦道』オープン① 新聞掲載】
  20付中日新聞豊田版に、豊田市足助の精神障害者事業所デイサービス型地域活動支援センター『畦道』オープンが特集されていました。発起人の鈴木さんと林さんは事業所開設にむけとても熱心に取り組まれていました。

170524新聞


  今年2月に「事業の今後の仕事づくりの参考に」と糸つむぎとガラ紡のワークショップのお手伝いをしましたが、参加されたみなさんがとても熱心で、私がいろいろ学んだほど。そのときに「今回の縁を大事にしようね」と約束しました。

  いよいよオープンとなり、とてもうれしいです。林さんとは豊森なりわい塾つながりでもあります。お二人のスタートを心より応援します。

  …と、ここまでは、私のFBで紹介したところ、林さんから「相談があります」のメッセージ。

  「綿を育てたいと思っていますが、うちの畑の土が合うものなのかどうか…土って、どういうものが相性いいですか??」。たまたま休みのため、『畦道』へ訪問にいきました(続く)

[2017/05/24 05:24] | 福綿プロジェクト松平2017 | トラックバック(0) | コメント(0) |
【小学校3年生 綿の種まき】
 小学校から「綿を育てたい」と連絡がありました。小学校3年生の総合学習で綿を育てて糸を紡ぐ授業をするそうです。

 昨年、小学校3年生の授業で糸紡ぎを教えたのですが、今年は綿から育てようと学校で計画をしています。

 学校には綿の種を提供し、簡単に栽培方法を先生に教えました。

 運動会で学校に行った際に3年生のプランターをみました。面白いのは、子どもたちが綿に名前をつけていること。「ふわみちゃん」「しろまめくん」「パールル」なかには「やき肉せんもんてん肉とくくん」など。

170523ふわみちゃん

170523やきにく

 成長が楽しみです。

[2017/05/23 05:19] | 福綿プロジェクト松平2017 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<前のページ | ホーム | 次のページ>>
プロフィール

おぎゅうびと

Author:おぎゅうびと
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR