城址とガラ紡の里山暮らし
愛知県豊田市松平。徳川家のルーツにあたる里山です。その里山に2014年から暮らしはじめた家族のどたばた。松平で祖父が営んできたガラ紡のあれこれ、松平のなかでも大給城址の季節の移ろいを紹介していきます。
【ステンレス柵 届く】
 本日は小学校の入学式ですね。新1年生のみなさん、おめでとうございます。

 進級式でもあり、娘はどの先生が担任になるのか楽しみにしています。ただ、インフルエンザのため今日は欠席です。

 さて、今年も綿畑の準備をはじめました。

 昨年はイノシシに一面襲われて大失敗でした。同じ轍は踏まないようJAからイノシシの柵を購入しました。長さ2メートル高さ1メートルのステンレス製です。

170406柵


 今年のゴールデンウィークは柵づくりです。

[2017/04/06 05:41] | 福綿プロジェクト松平2017 | トラックバック(0) | コメント(0) |
【土起こし】
 松平大給の里では、あちこちで一斉に畑の土起こしが始まりました。早朝より耕運機の音がこだましていました。

 私も、購入したばかりの耕運機デビューです。

 最初はエンジンをかけるにも少し手間がかかりましたが、そのうち順調に耕せました。

170321土起こし


 もともと休耕田で泥が多い畑。ちょうど1年前にお借りして、鍬で土起こしをしたときは正直途方にくれました。しかし、耕運機を使うととっても便利です。

 昨年はイノシシに襲われましたが、今年は一面コットン畑にするのが目標です。

[2017/03/21 05:15] | 福綿プロジェクト松平2017 | トラックバック(0) | コメント(0) |
【小物づくり体験⑦ チャルカ】
  2月の小物づくりについて綴るのは、今回が最後です。

  講座でチャルカが展示されていました。参加者で糸紡ぎや機織りをなさっている方がいて、今回展示していただいたようです。

170219チャルカ



「これがチャルカか」と感激しました。

  山田さんに動かしてもらいましたが、糸紡ぎにはコツがいるようですね。

  ガラ紡だけでなく、チャルカ、綿実油づくり、機織り、草場染など、綿や布に思いをはせる方が大変多くいらっしゃることを知りました。

  40代になって、糸紡ぎという、想像しなかった世界に飛び込み、あらためて奥深さに驚いています。

  これから多くの方と知り合いになりながら、ガラ紡での里山暮らしを楽しみたいです。

山田さん、稲垣さん、1年間の講座、本当にお疲れさまでした。
 

[2017/02/19 06:23] | 福綿プロジェクト松平2017 | トラックバック(0) | コメント(0) |
【小物づくり体験⑥ 綿実油】
 今日から、二十四節気で雨水。七十二候で「土脈潤起」(どみゃくうるおいおこる)。

 暖かな雨が大地に降り。大地がうるおい目覚める頃。そんな雨が昨日降りましたね。

 さて、小物づくりについて綴っています。

 今回の参加者はおよそ20人ぐらいでしょうか。そのなかに6回の講座に毎回参加された方がいらっしゃいました。綿をご自宅で育てたそうですが、大量の種を使って「綿実油をつくりたい」と話されていました。

 そのための搾り道具もつくられていました。

170218綿実油


 「綿実油って何?」と疑問をもちましたが、調べてみると綿の種から油が出ると知りました。これはいつか、私も油を搾ってみたいです。(続く)

[2017/02/18 06:38] | 福綿プロジェクト松平2017 | トラックバック(0) | コメント(0) |
【小物づくり体験⑤ トレーでコースターづくり】
2月の小物づくりについて綴っています。

 最後のものづくりは、トレーとスプーン、タコ糸を使ったコースターづくりです。

 トレーに切れ込みをいれてたて糸をつくります。スプーンに糸をまいてよこ糸をつくります、たて糸にスプーンを交互にくぐらせてよこ糸を織っていきます。
 
170217コースター

 このような簡単な道具で織りができるのですね。(つづく)
 
 ミサンガに、組紐に、コースター。基本的な小物づくりを学べました。(つづく) 

[2017/02/17 06:04] | 福綿プロジェクト松平2017 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<前のページ | ホーム | 次のページ>>
プロフィール

おぎゅうびと

Author:おぎゅうびと
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR